亜鈴・唖鈴(読み)あれい

精選版 日本国語大辞典の解説

あ‐れい【亜鈴・唖鈴】

〘名〙 (dumbbell の訳語。音のしない鈴の意) 体操用具の一種。柄の両端に球形のおもりをつけたもので、柄の部分を握り、上げ、下げ、振りなどの動作をして筋肉の鍛練に用いる。一対一組で、鉄製が多い。ダンベル。
※教育学(1882)〈伊沢修二〉四「唖鈴演習は、徒手演習につぎて授くべきものにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android