コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亡命チベット人社会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亡命チベット人社会

59年のチベット動乱の後、ダライ・ラマ14世がインド亡命、多くのチベット人が各国に逃れた。現在約13万人。うち10万人がインドに住み、残りがネパールブータン、日本、欧米各国などで暮らす。ダラムサラにある亡命政府内閣、議会、最高司法委員会の3機関で構成。内閣の長の首席大臣や議会議員は、亡命チベット人による直接投票で選ばれる。

(2008-11-18 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android