亡所・亡処(読み)ぼうしょ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐しょ バウ‥【亡所・亡処】

〘名〙 住む者がなく使われなくなってしまった所。また、耕作者のいない田地。没収地。
※東寺百合文書‐に・応永二年(1395)三月日・東寺雑掌頼勝申状案「依譴責、百性等多分令逐電之間、可亡処之条、歎而有余者哉」
※集義和書(1676頃)一六「清直不仁の仕置によりて村里の亡所となる条目をいふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android