コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通アセスメント こうつうアセスメントtransportation impact assessment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通アセスメント
こうつうアセスメント
transportation impact assessment

交通に及ぼす事前影響評価,査定。大規模小売店舗の建設などに伴って,付近の交通がどのような影響を受けるかを事前に調査・予測し,建設後の影響を最小限にして円滑な交通を確保する対策を講じるために行なう。駐車場待ちの車列や路上駐車による渋滞を防ぐために,建設計画の段階で,完成後に見込まれる車の出入量を計算し,駐車場の収容台数の拡大,引き込み車線の新設などの対策を組み入れていく。(→大規模小売店舗立地法

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android