コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事故手話裁判

1件 の用語解説(交通事故手話裁判の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

交通事故手話裁判

2004年7月、聴覚に障害がある大矢貴美江さんが乗用車にはねられ、利き手の左手首や右肩などを骨折、手話をするのが不自由になった。自賠責保険の等級認定では、手話の後遺障害は認められていない。大矢さんは手話で表現できる能力が事故で約半分に落ちたと、乗用車の運転手を相手に提訴。昨年11月25日の名古屋地裁の判決は「手話の障害は言語障害」と認めた。ただ失った能力は14%と認定。障害の等級は12級とし、「6級に」という大矢さんの訴えを退けた。

(2010-02-01 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交通事故手話裁判の関連キーワード失声手話通訳士健聴者身体障害広汎性発達障害インスリン受容体障害講義保障障害者野球のルール盲ろう