コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事故自動記録装置(TAAMS=タームス)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

交通事故自動記録装置(TAAMS=タームス)

TrafficAccidentAutoMemorySystemの略。交差点に設置するカメラセンサーが車の衝突音や急ブレーキの音などを感知し、事故の前後計8秒間の映像や信号表示などをビデオテープなどに保存する。00年度以降に警察庁都道府県が導入を進め05年度末で全国で計761カ所の交差点に設置されている。04年度には2442件の事故を記録しうち14件で速度鑑定している。

(2007-06-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報