コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事故鑑識官

1件 の用語解説(交通事故鑑識官の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

交通事故鑑識官

ひき逃げや飲酒運転などの危険運転致死傷罪が適用される悪質な交通事故や、当事者の言い分が食い違う事故など、事故原因の解明が難しい事故の捜査を主に担う。県警では、警察庁が実施している、交通工学や衝突実験に基づく事故解析などの専門的な研修「交通事故鑑定専科」を修了した警部補または警部が任用される。現在は林さんのみ。事故発生後、現場から要請を受けて鑑識活動にあたる。また、県内の警察署などで交通事故捜査を担当する警察官約400人に鑑識技術を指導する。

(2014-01-13 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交通事故鑑識官の関連キーワード危険運転致死傷罪危険運転危険運転致死罪危険運転致傷罪刑法犯少年川口園児死傷事故併合罪の最高刑福岡市の3児死亡飲酒事故自転車と重過失致死傷罪道交法違反(酒気帯び運転同乗)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone