コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京山小円(初代) きょうやま こえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京山小円(初代) きょうやま-こえん

1876-1928 明治-大正時代の浪曲師。
明治9年生まれ。2代京山恭安斎門下。初代桃中軒雲右衛門(とうちゅうけん-くもえもん),2代吉田奈良丸とともに,第1期の浪曲黄金時代をつくりあげる。低音の関西節に定評があり,「赤垣源蔵」「佐倉義民伝」などを得意とした。昭和3年10月30日死去。53歳。広島県出身。本名は吉田松吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

京山小円(初代)の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助おもなお雇い外国人田坂具隆[各個指定]芸能部門稲垣浩

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android