京山小円(初代)(読み)きょうやま こえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京山小円(初代) きょうやま-こえん

1876-1928 明治-大正時代の浪曲師。
明治9年生まれ。2代京山恭安斎門下。初代桃中軒雲右衛門(とうちゅうけん-くもえもん),2代吉田奈良丸とともに,第1期の浪曲黄金時代をつくりあげる。低音の関西節に定評があり,「赤垣源蔵」「佐倉義民伝」などを得意とした。昭和3年10月30日死去。53歳。広島県出身。本名は吉田松吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android