京成電鉄(株)(読み)けいせいでんてつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京成電鉄(株)
けいせいでんてつ

東京都東部から千葉県北西部を走る民営鉄道。京成本線(京成上野―成田空港間)を主体に押上(おしあげ)線(押上―青砥(あおと)間)、金町(かなまち)線(京成高砂―京成金町間)、千葉線・千原線(京成津田沼―ちはら台間)、東成田線(京成成田―東成田間)の計100.3キロメートル(2012)の路線を有するほか、他社線を使用している区間が成田空港線(京成高砂―成田空港間)など52.0キロメートルである。前身は1899年(明治32)に開業した金町―柴又(しばまた)間の帝釈(たいしゃく)人車鉄道(現、金町線)である。1912年(大正1)京成電気軌道として東京の押上を起点に電車の運転を始め、本多貞次郎(ていじろう)(1858―1937)の経営の下で千葉へ、成田へ、そして上野へと延長を行って1933年(昭和8)までに大部分の路線を完成した。1945年(昭和20)現社名に改称。ほとんどがJRとの並行線であるため、つねに厳しい競争にさらされている。成田の不動尊への参詣(さんけい)客輸送がこの鉄道の建設の大きな目的であったが、第二次世界大戦後は習志野(ならしの)市、八千代(やちよ)市など沿線の宅地化で通勤路線としての重要性が増してきた。1978年の新東京国際空港(現、成田国際空港)の開港とともに空港線を開き、空港への輸送の一翼も担っている。なお、都営地下鉄浅草線との間に1960年から相互乗入れを行っているが(このために、全線にわたりそれまでの1372ミリメートル軌間を1435ミリメートルの標準軌間に改めることが必要だった)、これは郊外の民営鉄道と地下鉄との相互乗入れの最初である。1991年(平成3)にはJRと共同で成田空港新駅に乗り入れ、2010年(平成22)には東京から成田空港への最短ルートとなる成田スカイアクセス線を開いて、新線区間では最高時速160キロメートルの運転を行っている。
 自動車事業は別会社が行っており、会社全体としては鉄道事業の比重が大きい。[和久田康雄]
『京成電鉄編・刊『京成電鉄85年の歩み』(1996) ▽『鉄道ピクトリアル3月臨時増刊号 京成電鉄』(2007・鉄道図書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android