京終(きょうばて)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京終(きょうばて)

平城京の外京の終わりに位置することから付いた地名とされる。由緒ある神社や寺が今も残る。京終駅は1898(明治31)年に開業。近くには大和高原と結んで特産品や生活物資を輸送する索道(ロープウエー)もつくられた。駅周辺は材木店が軒を連ね、青果市場魚市場が設けられて、「奈良の台所」と呼ばれた。戦後、物流の主流が鉄道からトラックに移り、市場などの施設も移転。乗降客は減り、京終駅は1984年に無人駅になった。

(2014-04-09 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android