コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京葉臨海工業地帯

1件 の用語解説(京葉臨海工業地帯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京葉臨海工業地帯

浦安市から富津市にまたがる約60キロの東京湾の埋め立て地に、578事業所が集積する。千葉市以南の敷地総面積は約6千ヘクタールで、国内最大級のコンビナート群がある。60年〜70年代にかけて形成された四つの石油化学コンビナートが市原、袖ケ浦両市にまたがる。二つの製鉄所、五つの火力発電所、一つの液化天然ガス基地が立地する。04年(速報値)の製造品出荷額は6兆3507億円で、県全体の製造品の総出荷額の5割以上を占めた。

(2006-01-14 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京葉臨海工業地帯の関連キーワード内房浦安市ナバホ族富津市富津岬三池炭田富津種山ヶ原京葉臨海コンビナート富津市金谷地区の残土問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京葉臨海工業地帯の関連情報