コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都の景観論争

1件 の用語解説(京都の景観論争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京都の景観論争

1960年代中頃に起こった京都タワー(131メートル)建設の反対運動が「第1次景観論争」、バブル期以降の市中心部のマンション開発への市民団体の反発が「第2次景観論争」と呼ばれる。論争は京都ホテル(60メートル)や京都駅ビル(59・8メートル)の建設計画が進んだ90年代初頭にピークに達した。いずれも事業者の建築許可申請に対し、市が「活性化」を目的に規制緩和し、市民が反発するという構図だった。

(2006-11-25 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都の景観論争の関連キーワード小劇場運動東京タワークーリングタワーシアーズタワー舌炎タワータワーブリッジ出来事タワーパーキングシス-トランステスト

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone