コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都の景観論争

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京都の景観論争

1960年代中頃に起こった京都タワー(131メートル)建設の反対運動が「第1次景観論争」、バブル期以降の市中心部のマンション開発への市民団体の反発が「第2次景観論争」と呼ばれる。論争は京都ホテル(60メートル)や京都駅ビル(59・8メートル)の建設計画が進んだ90年代初頭にピークに達した。いずれも事業者の建築許可申請に対し、市が「活性化」を目的に規制緩和し、市民が反発するという構図だった。

(2006-11-25 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

京都の景観論争の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターコンゴ動乱