コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都・乙方(おつかた)遺跡 きょうとおつかたいせき

知恵蔵の解説

京都・乙方(おつかた)遺跡

2007年9月に京都府宇治市で見つかった豊臣秀吉築造と伝えられる16世紀末の堤防護岸の遺跡。粘板岩石積みで幅5.5m、高さ2.2mの堤跡が延長約75m分確認された。岸の下部は松材のくいを打ち込んで強化してあった。石積み護岸の大規模な普請として、土木技術上も注目されている。京阪電鉄宇治駅そばの宇治川北岸沿い。1592年の伏見城築城に伴い、ここから大坂へのルート上に造られた「太閤(たいこう)堤」の一部らしい。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

京都・乙方(おつかた)遺跡の関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android