コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都・太秦の撮影所

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京都・太秦の撮影所

日本時代劇の生みの親といわれる牧野省三氏が率いた「マキノ教育映画製作所」が京都にスタジオを構えた20年代ごろから、太秦周辺に独立プロダクションや関連会社が集まった。50年代には、撮影所は12カ所を超えたが、現在は東映と松竹だけが残る。東映は太秦に国内最大級の19のスタジオを備え、420人程度のスタッフを抱える。

(2007-10-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android