コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都市の優先雇用

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京都市の優先雇用

同和地区住民の就労対策として、同和団体の推薦で当初はほぼ面接だけで職員に採用した。少なくとも73年度から01年度まで続き、95〜01年度に計256人が採用。現業職場の要員確保の意味合いもあった。

(2006-12-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

京都市の優先雇用の関連キーワード同和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android