コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都市連続ひき逃げ事件

1件 の用語解説(京都市連続ひき逃げ事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

京都市連続ひき逃げ事件

2013年10月2日午後6時ごろ、中京区と下京区で自転車がはねられるひき逃げ事件が相次ぎ発生。中京区ではねられた主婦(61)は重傷。下京区ではねられた小学2年の足立紫苑君が死亡し、一緒に乗っていた祖父(67)も重傷を負った。軽トラックを運転していた山科区の大工前田保夫被告が危険運転致死傷と道路交通法違反(ひき逃げ)などの罪で起訴された。起訴状によると、前田被告は酒を飲んだ後に運転。死傷させた3人を救護することなくその場を立ち去ったとされる。

(2014-09-07 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都市連続ひき逃げ事件の関連キーワード亥中限りの太鼓後の四つ六つ五五八八BMAL1ネット調査の方法東北空襲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone