京都府乙訓郡大山崎町(読み)おおやまざき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕大山崎〈町〉(おおやまざき〈ちょう〉)


京都府南部、京都盆地西部の大阪府境に接する町。乙訓(おとくに)郡
山崎の合戦で知られる天王(てんのう)山により大阪平野と隔てられ、古くから交通幹線が通じる要衝。電機・自動車などの大工場が進出。タケノコ・ナスといった野菜のほか、バラなどの花卉(かき)栽培が行われる。京都市や大阪府のベッドタウン化も進む。国指定史跡の大山崎瓦窯跡(平安時代前期)がある。天王山山麓の妙喜(みょうき)庵(書院は国の重要文化財に指定)の茶室、待(たい)庵は、千利休(せんのりきゅう)の設計とされ、国宝に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android