コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府乙訓郡大山崎町 おおやまざき〈ちょう〉

1件 の用語解説(京都府乙訓郡大山崎町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕大山崎〈町〉(おおやまざき〈ちょう〉)


京都府南部、京都盆地西部の大阪府境に接する町。乙訓(おとくに)郡
山崎の合戦で知られる天王(てんのう)山により大阪平野と隔てられ、古くから交通幹線が通じる要衝。電機・自動車などの大工場が進出。タケノコ・ナスといった野菜のほか、バラなどの花卉(かき)栽培が行われる。京都市や大阪府のベッドタウン化も進む。国指定史跡の大山崎瓦窯跡(平安時代前期)がある。天王山山麓の妙喜(みょうき)庵(書院は国の重要文化財に指定)の茶室、待(たい)庵は、千利休(せんのりきゅう)の設計とされ、国宝に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都府乙訓郡大山崎町の関連情報