コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府乙訓郡大山崎町 おおやまざき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕大山崎〈町〉(おおやまざき〈ちょう〉)


京都府南部、京都盆地西部の大阪府境に接する町。乙訓(おとくに)郡
山崎の合戦で知られる天王(てんのう)山により大阪平野と隔てられ、古くから交通幹線が通じる要衝。電機・自動車などの大工場が進出。タケノコ・ナスといった野菜のほか、バラなどの花卉(かき)栽培が行われる。京都市や大阪府のベッドタウン化も進む。国指定史跡の大山崎瓦窯跡(平安時代前期)がある。天王山山麓の妙喜(みょうき)庵(書院は国の重要文化財に指定)の茶室、待(たい)庵は、千利休(せんのりきゅう)の設計とされ、国宝に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

京都府乙訓郡大山崎町の関連キーワードアサヒビール大山崎山荘美術館京都府乙訓郡大山崎町大山崎京都府乙訓郡大山崎町円明寺京都府乙訓郡大山崎町下植野蘭の妖精ララン大山崎瓦窯跡大山崎油座大阪平野山崎街道妙喜庵千利休道雄要衝妙喜花卉待庵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android