コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府亀岡市 かめおか〈し〉

1件 の用語解説(京都府亀岡市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕亀岡〈市〉(かめおか〈し〉)


京都府中部の市。
亀岡盆地に位置する。京都市に隣接し、ベッドタウンになっている。南部は大阪府に接する。古代には丹波(たんば)の国府・国分寺がおかれた地(丹波国分寺跡は国の史跡に指定)。近世初頭、明智光秀(あけちみつひで)が亀山城を築城。江戸時代を通じ、城下町として発展。電機・機械・金属などの工場が進出。稲作のほかクリ栽培が盛ん。犬甘野(いぬかんの)そば・聖護院かぶ・亀岡牛を特産。保津(ほづ)川舟下りの起点で、保津峡の渓谷美が知られる。市の西方に、湯の花温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都府亀岡市の関連情報