京都府京都市下京区(読み)しもぎょう〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕下京〈区〉(しもぎょう〈く〉)


京都府京都市の11行政区の一つ。
市の中南部、旧市街地の南部を占める。中世ごろは二条通りを境に上京と下京に分けていたが、明治以降は三条通り以南とされた。現在は、四条通り以南をさす。南端のJR京都駅周辺は、駅ビル・京都タワーを中心に商業施設が多い。四条河原町周辺は市内有数の繁華街を形成している。東本願寺渉成園(しょうせいえん)は国の名勝に指定。西本願寺は古都京都の文化財の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都府京都市下京区の関連情報