京都府京都市伏見区(読み)ふしみ〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕伏見〈区〉(ふしみ〈く〉)


京都府京都市の11行政区の一つ。
市の南部に位置する。北部は伏見稲荷大社門前町、南部は伏見城城下町として発展。江戸時代は淀川水運の河港として発達。兵庫県の灘(なだ)と並ぶ酒造業で知られる。松本酒造の本社酒造場は近代化産業遺産に認定。醍醐(だいご)寺は古都京都の文化財の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。京都競馬場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android