京都府京都市伏見区(読み)ふしみ〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕伏見〈区〉(ふしみ〈く〉)


京都府京都市の11行政区の一つ。
市の南部に位置する。北部は伏見稲荷大社門前町、南部は伏見城城下町として発展。江戸時代は淀川水運の河港として発達。兵庫県の灘(なだ)と並ぶ酒造業で知られる。松本酒造の本社酒造場は近代化産業遺産に認定。醍醐(だいご)寺は古都京都の文化財の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。京都競馬場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android