コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府京都市右京区 うきょう〈く〉

1件 の用語解説(京都府京都市右京区の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕右京〈区〉(うきょう〈く〉)


京都府京都市の11行政区の一つ。
市の北西部に位置する。2005年(平成17)4月、北桑田郡の京北町を編入して現在の姿となる。北部の京北地区は北山杉の産地で、幕末の農兵隊「山国隊」の結成地としても知られる。嵯峨野(さがの)は平安京の西郊にあたり、大覚(だいかく)寺や広沢池・大沢池などがある。広隆寺は国宝1号の木造弥勒菩薩半跏像で知られ、天龍寺・仁和(にんな)寺・高山寺・龍安(りょうあん)寺などは古都京都の文化財の一部としてユネスコ世界遺産に登録されている。東映太秦映画村は東映の京都撮影所の一部を分離・一般公開したテーマパーク

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都府京都市右京区の関連情報