コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府八幡市 やわた〈し〉

1件 の用語解説(京都府八幡市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕八幡〈市〉(やわた〈し〉)


京都府南部にある市。
木津川宇治川・桂川が合流し淀川となる地点の南岸に位置する。京都市・久世(くせ)郡久御山町・京田辺市の区域内に飛び地を有する。平安時代以降、石清水(いわしみず)八幡宮の門前町、淀川水運の河港として発展。1970年代から丘陵地に住宅団地が開発され人口が急増。隣接する京都市・大阪府のベッドタウンになっている。南部は関西文化学術研究都市けいはんな学研都市)に隣接。機械・家具・鉄鋼などの工場がある。ナシ・ブドウや茶を産する。航空機事故の犠牲者や航空業界功労者の霊をまつる飛行神社がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都府八幡市の関連情報