京都府南丹市(読み)なんたん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕南丹〈市〉(なんたん〈し〉)


京都府中部にある市。
京都市の東部に位置し、北東で福井県と滋賀県、南西で兵庫県と大阪府に接する。市域の大半を丹波(たんば)高原が占め、南部に亀岡(かめおか)盆地が広がる。2006年(平成18)1月、船井(ふない)郡の園部町、同八木町、同日吉町と北桑田(きたくわだ)郡の美山町が合併して成立。この合併により、北桑田郡は消滅。中心地区の園部町は、江戸時代には小出氏2万9000石の城下町、また山陰街道の宿場町として栄えた。稲作のほか、壬生菜・九条ねぎ・黒大豆など、京野菜の栽培が盛ん。山菜・クリやマツタケも産する。肉牛・乳牛の畜産も行われる。市域南部はJR山陰本線が通じ、京都市の通勤圏で、佛教大学園部キャンパス、京都建築大学校、南丹市国際交流会館など多くの教育・文化施設が立地する。北部の美山北地区は、茅葺(かやぶ)き民家が残る農山村集落かやぶきの里北村として、重要伝統的建造物群保存地区に選定。園部川上流に国指定名勝の瑠璃(るり)渓がある。淀川水系最大の日吉ダム(天若(あまわか)湖)周辺にはスポーツ・レジャー施設が整い、バス釣りの好適地としても知られる。大堰(おおい)川には国の天然記念物であるアユモドキ(絶滅危惧種)が生息する。るり渓温泉は国指定の国民保養温泉地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都府南丹市の関連情報