京都府向日市(読み)むこう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕向日〈市〉(むこう〈し〉)


京都府南部の市。
京都盆地西端部の丘陵地と低地を占める。京都と大阪を結ぶ交通の要地で、市域京都市長岡京市に囲まれる。JR東海道本線・阪急電鉄京都線・国道171号が通じ、京都市・大阪市のベッドタウンとして宅地化も顕著。桂川西岸に続く低地に電機・化学・機械・ビール工場や流通関連施設が進出。タケノコ・ナスや花卉(かき)の栽培が盛ん。国指定史跡の長岡宮跡があり、史跡公園として整備されている。向日神社はサクラの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都府向日市の関連情報