京都府宮津市(読み)みやづ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕宮津〈市〉(みやづ〈し〉)


京都府北部の都市。
若狭(わかさ)湾支湾の宮津湾湾奥に位置する。丹後(たんご)地方の中心都市で、商業がさかん。近世初頭に細川忠興(ほそかわただおき)が宮津城を築城し、江戸時代は城下町、西廻海運の風待ち港として繁栄。日本三景の一つで、国指定特別名勝の天橋立(あまのはしだて)を中心に、ホテル・海水浴場・展望台などの観光施設が集中。海岸部は丹後天橋立大江山国定公園に属する。伝統的に綿・絹の織物業が発展し、繊維産業が盛ん。漁業は養殖漁業が中心で、水産物加工・ニッケル精錬などの工場がある。ヤマイモや花卉(かき)の栽培が行われる。旧三上家住宅は国の重要文化財に指定。天橋立ビューランド、世屋高原家族旅行村いーポート世屋などの観光施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都府宮津市の関連情報