京都府相楽郡南山城村(読み)みなみやましろ〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕南山城〈村〉(みなみやましろ〈むら〉)


京都府南東端、木津川・名張(なばり)川の峡谷一帯を占める村。奈良県・滋賀県・三重県と接する。相楽(そうらく)郡
村の大半を山林が占め、農林業が主で、シイタケ・トマト・ブルーベリーを栽培。宇治茶を特産。名張川に大型多目的ダムの高山ダムがあり、月ケ瀬湖畔に梅林が広がる。村の文化会館やまなみホールは建築家・黒川紀章(くろかわきしょう)による設計。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android