コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府相楽郡和束町 わづか〈ちょう〉

1件 の用語解説(京都府相楽郡和束町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕和束〈町〉(わづか〈ちょう〉)


京都府南部、木津川支流の和束川流域を占める町。相楽(そうらく)郡
古代、聖武(しょうむ)天皇の紫香楽宮(しがらきのみや)への通路。町域の大半を森林が占める。傾斜地では宇治茶の栽培が盛んで、府下屈指の生産量を誇る。ほかにシイタケ・マツタケ・トマトを産する。北部の鷲峰(じゅうぶ)山には役小角(えんのおづぬ)が開いたと伝わる金胎(こんたい)寺(多宝塔などは国の重要文化財)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都府相楽郡和束町の関連情報