コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府相楽郡和束町(読み)わづか〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕和束〈町〉(わづか〈ちょう〉)


京都府南部、木津川支流の和束川流域を占める町。相楽(そうらく)郡
古代、聖武(しょうむ)天皇の紫香楽宮(しがらきのみや)への通路。町域の大半を森林が占める。傾斜地では宇治茶の栽培が盛んで、府下屈指の生産量を誇る。ほかにシイタケ・マツタケ・トマトを産する。北部の鷲峰(じゅうぶ)山には役小角(えんのおづぬ)が開いたと伝わる金胎(こんたい)寺(多宝塔などは国の重要文化財)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android