コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都府船井郡京丹波町 きょうたんば〈ちょう〉

1件 の用語解説(京都府船井郡京丹波町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕京丹波〈町〉(きょうたんば〈ちょう〉)


京都府中部にある町。丹波高原由良川上流域に位置する。船井(ふない)郡
2005年(平成17)10月、同郡の丹波町、瑞穂町、和知町が合併して成立。町域の約8割を山林が占め、黒大豆の新丹波黒大豆・丹波米・丹波栗・丹波マツタケなどの産地として有名。アスパラガス・ネギや京野菜の水菜などを栽培。丹波ワインを特産。酪農や畜産も行われる。須知(しゅうち)地区は山陰街道の旧宿場町。本庄は由良川舟運の河港として栄えた。京都府下唯一の鍾乳洞である質志(しずし)鐘乳洞の周辺は質志鍾乳洞公園としてアウトドア施設が整っているほか、府立丹波自然運動公園や、スポーツレクリエーション施設のグリーンランドみずほがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都府船井郡京丹波町の関連情報