京都議定書とCOP15

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

97年に京都市で開かれた国連気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に08年から12年までに削減する温室効果ガス排出量を義務づけ、京都議定書として採択した。13年以降のポスト京都については、2年前のCOP13で今年12月のCOP15を交渉期限とすることで一致していた。

(2009-10-29 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android