コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事評価制度

1件 の用語解説(人事評価制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人事評価制度

事件を受け、1年間の試行期間を経て2010年10月から始まった。公立学校に勤めるすべての教職員が対象で、「企画・計画力」「学習指導力」「児童生徒指導力」(40歳未満の教員の場合)など10項目についてA~Eの5段階で評価する。相対評価のため、「A評価となる教職員は10%、Bは20%、C~Eは制限なし」と配分が決められている。評価結果は、教頭・校長への昇任といった人事のための資料としても活用される。九州7県で相対評価を導入しているのは大分のみ。

(2012-06-16 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事評価制度の関連キーワード騎手前期がた施行期日ラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則継続募集期間当初募集期間台湾高速鉄路(台湾高鉄)知的クラスター創成事業

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人事評価制度の関連情報