コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事評価制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人事評価制度

事件を受け、1年間の試行期間を経て2010年10月から始まった。公立学校に勤めるすべての教職員が対象で、「企画・計画力」「学習指導力」「児童生徒指導力」(40歳未満の教員の場合)など10項目についてA~Eの5段階で評価する。相対評価のため、「A評価となる教職員は10%、Bは20%、C~Eは制限なし」と配分が決められている。評価結果は、教頭・校長への昇任といった人事のための資料としても活用される。九州7県で相対評価を導入しているのは大分のみ。

(2012-06-16 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

人事評価制度の関連キーワード職員基本条例(案)

人事評価制度の関連情報