コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事院勧告(人勧)

1件 の用語解説(人事院勧告(人勧)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人事院勧告(人勧)

団体交渉権など労働基本権が制約されている公務員の給与を適正に保つための仕組み。人事院が中立の立場で民間給与と比較して適正な給与水準を算出し、内閣と国会に勧告する。対象は国家公務員(27・4万人)だが、地方公務員(286万人)の給与改定の指針にもなる。勧告に従うかは内閣が判断して閣議決定するが、完全実施が通例。給与改定には給与法改正が必要。

(2010-08-21 朝日新聞 朝刊 政治政策)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事院勧告(人勧)の関連キーワード人事院勧告団体交渉権不当労働行為労働基本権労働組合法現業国家公務員の労働基本権国家公務員の給与公務員の労働基本権人事委員会勧告

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人事院勧告(人勧)の関連情報