人夫・人賦・人歩(読み)にんぷ

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐ぷ【人夫・人賦・人歩】

〘名〙 (古くは「にんぶ」)
① 公役に徴用された人民。夫役(ぶやく)を課された人民。
※続日本紀‐和銅二年(709)二月戊子朔「宜〈略〉逐閑月。差発人夫。専加撿挍、早令営作
② 建築、土木工事などの肉体労働に従事する労働者。人足。
※中右記‐天永三年(1112)八月七日「大工重恒引率人夫百人許居始」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android