コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工島事業

1件 の用語解説(人工島事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人工島事業

福岡市東区沖の博多湾に位置し、94年に埋め立てが始まった。総事業費約4588億円。港湾施設のほかに住宅、ビジネスエリアを整備する。住宅は05年末から入居が始まっている。市内にある3青果市場が統合の上、人工島に移転する方針がすでに決まっており、早ければ14年度にも開設する。

(2007-09-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工島事業の関連キーワード志賀島博多湾福岡多多良浜博多津早良志賀海神社アイランドシティ(人工島)アイランドシティ事業福岡市立こども病院の移転問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone