人権リスク(読み)ジンケンリスク

人事労務用語辞典の解説

「人権リスク」とは、企業が事業活動を通して、労働者、消費者、地域住民といったステークホルダーの人権を、直接的あるいは間接的に侵害しかねないリスクのことです。よりコストの安い途上国への生産移転や国境を越えたサプライチェーンの拡大が加速する中、企業が配慮しなければならない人権問題は多様化・複雑化しています。人権団体の批判も厳しさを増し、児童労働や過重労働など人権を軽視した労働実態が発覚すれば、企業イメージを大きく損ないかねません。欧米より人権意識が希薄といわれる日本企業にとって、経営を揺るがしかねない人権リスクへの取り組みは喫緊の課題といえます。
(2014/2/17掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android