コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人権リスク ジンケンリスク

1件 の用語解説(人権リスクの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

人権リスク」とは、企業が事業活動を通して、労働者、消費者、地域住民といったステークホルダーの人権を、直接的あるいは間接的に侵害しかねないリスクのことです。よりコストの安い途上国への生産移転や国境を越えたサプライチェーンの拡大が加速する中、企業が配慮しなければならない人権問題は多様化・複雑化しています。人権団体の批判も厳しさを増し、児童労働や過重労働など人権を軽視した労働実態が発覚すれば、企業イメージを大きく損ないかねません。欧米より人権意識が希薄といわれる日本企業にとって、経営を揺るがしかねない人権リスクへの取り組みは喫緊の課題といえます。
(2014/2/17掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人権リスクの関連キーワード購買専業企業事業所継続価値暴力団の排除条項事業リスク分野調整法企業活動購買事業活動中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人権リスクの関連情報