コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間疎外 にんげんそがい

大辞林 第三版の解説

にんげんそがい【人間疎外】

人間が機械の部分品のように扱われて、人間らしさが無視されること。社会が巨大化し複雑化するにつれて、人類の発展のためという本来の目的を忘れ、人間性を失っていくことへの警告として生まれた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人間疎外の関連キーワードミラー(Henry Miller)テクノロジー・アセスメントヌーディスト・クラブハーラン エリソンオリエンタリズムユートピアだよりチャップリンフリードマン性(sex)共産主義社会シモンドン社会的分業経営合理化経営社会学ボルポーニマルクーゼ心身医学南条範夫ラーモススポーツ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android