コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間魚雷回天

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人間魚雷回天

太平洋戦争末期、敗色が濃くなった戦局を逆転させようと、旧日本海軍が導入した1人乗りの特攻兵器。全長15メートル前後、直径1メートルほどで前方に大量の爆薬を積み、敵艦に体当たりする。周南市回天記念館によると、特攻や訓練などで死亡した搭乗員と整備員は145人。回天を積んだまま沈没した潜水艦乗組員は800人を超える。

(2007-08-15 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

人間魚雷回天の関連キーワード呉市海事歴史科学館徳山(山口県)上山春平大津島特攻隊海龍

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人間魚雷回天の関連情報