コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃 じゅう

大辞林 第三版の解説

じゅう【什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃】

【十】 じふ [音] ジュウ ・ジッ
とお。 「《ジュウ》十悪・十人・十五夜」 「《ジッ》十回・十中八九」
おおくの。 「十目」
ことごとく。 「十全・十方じつぽう
たてよこに線の交わった形。 「十字・十文字」
【 什じふ [音] ジュウ
日常の。日常使用するいろいろな器具。 「什器・什具・什物じゆうもつ
秘蔵の宝。 「什宝・什物」
とお。10倍。また、10分の1。十等分。 「什一・什伍」
詩。文学作品。 「佳什・玉什・近什」
【汁】 じふ [音] ジュウ
液。しる。また、つゆ。吸い物。 「果汁・胆汁・肉汁・乳汁・墨汁・一汁一菜」
【充】 [音] ジュウ
いっぱいになる。みちる。みたす。また、ふさぐ。ふさがる。 「充血・充実・充足・充塡じゆうてん・充電・充満・拡充」
不足を補う。あてる。 「充当・充用・補充」
【 戎 】 [音] ジュウ
いくさ。兵器。 「戎衣・戎器」
えびす。特に古代中国の西方の異民族。 「戎夷じゆうい・戎狄じゆうてき・西戎」
【住】 ぢゆう [音] ジュウ
すむ。 「住居・住持・住職・住民・安住・移住・永住・居住・現住・常住・職住・先住・定住・転住」
「住職」の略。 「後住・先住」
【拾】 じふ
⇒ しゅう〔拾〕 [漢]
【柔】 じう [音] ジュウ ・ニュウ
やわらかい。しなやか。 「柔軟・柔毛」
やさしい。おとなしい。 「《ジュウ》柔順・温柔・外柔内剛・優柔不断」 「《ニュウ》柔和」
やわらげる。 「懐柔」
よわよわしい。もろい。 「柔弱にゆうじやくじゆうじやく)」
やわら。素手の格闘術。 「柔術・柔道」
【重】 ぢゆう [音] ジュウ ・チョウ
おもい。目方がある。また、おもさ。目方。 「重圧・重心・重砲・重量・重力・過重・軽重けいちようけいじゆう)・自重じじゆう・重金属・重工業」
大切である。責任がおもい。 「重視・重職・重臣・重責・重大・重鎮・重任じゆうにんちようにん)・重役・重要」
程度がはなはだしい。ひどい。きびしい。 「重患・重刑・重罪・重症・重傷・重税・重態・重病・厳重」
おもおもしい。 「重厚・自重じちよう・慎重しんちよう
心がこもっている。てあつい。 「《チョウ》丁重・鄭重ていちよう
かさねる。繰り返す。 「《ジュウ》重囲・重婚・重犯・重版・重訳」 「《チョウ》重畳・重陽」 「《ジュウ・チョウ》重出・重任・重複」
【従(從)】 [音] ジュウ ・ジュ ・ショウ
お供をする。つきしたがう。 「従者・従僕・扈従こしようこじゆう)・侍従・主従・随従・追従・陪従」
さからわない。したがう。 「《ジュウ》従順・従属・屈従・服従・面従」 「《ショウ》追従」
落ち着いている。 「従容しようよう
たずさわる。 「従業・従事・専従」
起点・経過点を示す。 「従前・従来」
〔「縦」に同じ〕 たて。 「合従がつしよう
三親等以上の傍系親族。 「従兄・従姉・従孫・従弟」
同じ位階で第二位。 「従三位じゆさんみ
【渋(澁)】 じふ [音] ジュウ
しぶい。 「渋面・苦渋」
しぶる。とどこおる。 「渋滞・晦渋かいじゆう・難渋」
【 絨 】 [音] ジュウ
地の厚い毛織物。 「絨緞じゆうたん・石絨」
【銃】 [音] ジュウ
弾丸を発射する火器。てっぽう。 「銃器・銃撃・銃剣・銃殺・銃床・銃身・銃声・銃創・銃弾・銃砲・拳銃けんじゆう・小銃・短銃・猟銃・機関銃・空気銃」
【獣(獸)】 じう [音] ジュウ
けだもの。けもの。 「獣医・獣肉・獣欲・獣類・禽獣きんじゆう・猛獣・野獣」
【縦(縱)】 [音] ジュウ ・ショウ
たて。 「縦横・縦貫・縦線・縦走・縦隊・縦断」
したいようにする。ほしいままにする。 「《ジュウ》操縦」 「《ジュウ・ショウ》縦覧・放縦」
【 蹂じう [音] ジュウ
(足で)ふむ。ふみにじる。 「蹂躙じゆうりん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android