コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁宗[元] じんそう[げん]Ren-zong; Jêntsung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁宗[元]
じんそう[げん]
Ren-zong; Jêntsung

[生]至元22(1285)
[没]延祐7(1320)
中国,元の第4代皇帝 (在位 1311~20) 。諱はアーユルバリバトラ (愛育黎抜力八達) 。諡は聖文欽皇帝。順宗の次子で武宗の弟。大徳 11 (1307) 年武宗即位に功を立て皇太子となり,武宗没後即位。至大4 (11) 年弊害多い尚書省を廃止し中書省を復活し,また『通制条格』『元典章』を編纂して,諸制度を整備した。儒学を尊重し,漢人知識人を政治の要職にあて,延祐1 (14) 年科挙を復活。財政上は前代の放漫な通貨政策を改め,至大銀鈔を停止し,中統鈔,至元鈔の価格維持に努力。農業の奨励も行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

仁宗[元]の関連キーワード武宗

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android