コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁淀[村] によど

世界大百科事典 第2版の解説

によど【仁淀[村]】

高知県中西部,高岡郡の村。人口2907(1995)。仁淀川上流南岸に位置し,北西は愛媛県に接する。北の吾川郡吾川村との境を東流する仁淀川に,村の南部から長者川,岩屋川が北流して合流する。村域のほとんどが急峻な山地である。中世から近世にかけて高岡郡北東部山間は別府(符)山(べふやま)と総称されたが,村域はそのうちの西森名,別枝名の地にあたる。江戸時代は土佐藩家老深尾氏の知行地で,紙,茶などの山間特産物に対する統制と徴集は厳しく,一揆や騒動が起こっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

仁淀[村]の関連キーワード民進党代表選あじかんべし奴・臣東広島市ゾイト・ホラント宇治市の要覧広島市の要覧

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android