仁田原 重行(読み)ニタハラ シゲユキ

20世紀日本人名事典の解説

仁田原 重行
ニタハラ シゲユキ

明治・大正期の陸軍大将



生年
文久2年10月2日(1862年)

没年
大正14(1925)年3月24日

出生地
筑後国八女郡豊岡村(福岡県)

学歴〔年〕
陸士〔明治16年〕卒,陸大〔明治21年〕卒

経歴
明治16年陸軍少尉に任官。日清戦争では第二師団参謀、北清事変では第五師団兵站参謀を務めた。日露戦争では第五師団参謀長として出征、奉天会戦後に歩兵第七旅団長に転じた。44年歩兵第一旅団長、45年第二師団長、大正4年第四師団長、5年近衛師団長、6年東京衛戌総督を歴任。7年大将に昇進。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android