コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仄起こり・仄起り そくおこり

大辞林 第三版の解説

そくおこり【仄起こり・仄起り】

漢詩の絶句・律詩で、起句の第二字に仄字を用いること。また、その詩。仄起そつき。 ↔ ひよう起こり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仄起こり・仄起りの関連キーワード起句