コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仇討物 あだうちもの

大辞林 第三版の解説

あだうちもの【仇討物】

仇討ちを主題とする謡曲・浄瑠璃・歌舞伎・講談など。曽我物・忠臣蔵物・伊賀越物などの作品が多い。敵討かたきうち物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あだうちもの【仇討物】

敵討主題とした文学・芸能の一系統。敵討物(かたきうちもの)ともいう。中世の謡曲幸若から古浄瑠璃を経て,近世の歌舞伎,人形浄瑠璃や読本,実録,講釈,浪花節など,さまざまの分野で扱われ,重要な一系統を形づくっている。それらの基幹となったと思われるものは《曾我物語》を素材とした作品群で,早く謡曲に数々の〈曾我物〉を生み,この流れが幸若,浄瑠璃,歌舞伎に継承されて発展を見せた。歌舞伎における〈曾我物〉は格別の人気狂言で,享保以後江戸の劇場では毎年の初春狂言の世界を〈曾我物語〉とするのが吉例になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仇討物の関連キーワードおもな講談の演目伊賀越道中双六奈良﨑まどか芝居年中行事大商蛭子島非人仇討物忠臣蔵物玉城朝薫吉田一保仇討狂言仇討ち殺し場実録物曽我物御家物講談

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android