今 和次郎(読み)コン ワジロウ

20世紀日本人名事典の解説

今 和次郎
コン ワジロウ

大正・昭和期の建築学者,民家研究家,生活学者,評論家 早稲田大学名誉教授。



生年
明治21(1888)年7月10日

没年
昭和48(1973)年10月27日

出生地
青森県弘前市百石町

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)図案科〔明治45年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔昭和40年〕,日本建築学会大賞〔昭和46年〕「考現学、生活学の提唱と建築計画学に対する一連の貢献」,勲三等旭日中綬章〔昭和48年〕

経歴
大正4年早稲田大学建築科助教授となり、9年教授、昭和34年定年退職、名誉教授に。この間、柳田國男、石黒忠篤らと全国的な民家探訪・調査を行なったほか、人文地理学会、民家研究会(11年)、農村建築研究会(24年)の創設に参与。25年被服文化協会理事長、33年全日本建築士会初代会長、47年日本生活学会初代会長も務めた。昭和2年には都市をフィールドとした慣習や流行の研究“考現学”(モデルノロジオ)を提唱、銀座街頭での考現学調査などが有名。また、古い家政学にかわるものとして、人間生活そのものを対象とした“生活学”を提唱したことでも知られる。著書に「都市改造の根本義」「日本の民家」「朝鮮の民家」「民俗と建築」「モデルノロジオ(考現学)」「考現学採集」「西洋婦人服装史」「草屋根」「服装研究」「家政のあり方」「造形感情」「ジャンパーを着て四十年」「生活学」などのほか、「今和次郎集」(全9巻 ドメス出版)がある。没後の50年、和次郎賞が設けられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

今 和次郎 (こん わじろう)

生年月日:1888年7月10日
大正時代;昭和時代の建築学者;風俗研究家。早稲田大学教授
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今 和次郎の関連情報