コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今城為親 いましろ ためちか

1件 の用語解説(今城為親の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今城為親

安土桃山・江戸前期の公卿。今城家の祖。中山親綱の次男。初め中山、のち冷泉と号する。右少将従四位下。慶長15年(1610)歿、36才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今城為親の関連キーワード船橋秀賢今城定淳今城為尚今城定経壬生基起清韓文英牧興相酒井貞月弘尊安土桃山時代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone