コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今夜はビート・イット

1件 の用語解説(今夜はビート・イットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

今夜はビート・イット

アメリカのミュージシャンマイケル・ジャクソンの曲。アルバムスリラー」(1982年)からの第3弾シングル。翌年、全米第1位を獲得し、年間ランキングでは第7位となった。エドワード・バン・ヘイレンのソロ・ギターやスティーヴ・ルカサーのカッティング・ギターをフューチャーしている。この曲のプロモーションビデオ(ショート・フイルム)はミュージカルウェストサイド物語」を下敷きにしたドラマ仕立てで、MTVにおけるエポック・メイキング的な作品となった。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第344位。原題《Beat It》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今夜はビート・イットの関連キーワードミニマル・ミュージックスタジオミュージシャンストリートミュージシャンミュージシャンアメリカンカジュアルシャンパンミュージックアメリカの影ザ・マジシャン巴里のアメリカ人ミュージックの日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今夜はビート・イットの関連情報