今村 恒夫(読み)イマムラ ツネオ

20世紀日本人名事典の解説

今村 恒夫
イマムラ ツネオ

昭和期の詩人,社会運動家



生年
明治41(1908)年1月15日

没年
昭和11(1936)年12月9日

出生地
福岡県嘉穂郡碓井村(現・碓井町)

本名
今村 久雄

学歴〔年〕
日本大学法文学部専門部

経歴
昭和4年頃から「文芸戦線」などに詩作を発表し、労芸分裂後は日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)に参加。7年共産党に入りコップへの弾圧で地下活動に入り、8年小林多喜二と共に逮捕された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android