コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村七三郎(2代) いまむら しちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村七三郎(2代) いまむら-しちさぶろう

1720-1762 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)5年生まれ。はじめ大坂北野の子供芝居で活躍。寛保(かんぽう)3年京都の嵐松之丞座に実事師(じつごとし)として出演,2代七三郎を名のり,翌年から敵役(かたきやく)もつとめた。のち立役(たちやく)にもどる。宝暦12年3月29日死去。43歳。前名は三保木七三郎。俳名は狸鼓(りこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今村七三郎(2代)の関連キーワードサルデーニャ王国ピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)桃園天皇ビュート伯後桜町天皇桃園天皇カラス事件後桜町天皇シラン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android