コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村七三郎(2代) いまむら しちさぶろう

1件 の用語解説(今村七三郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村七三郎(2代) いまむら-しちさぶろう

1720-1762 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)5年生まれ。はじめ大坂北野の子供芝居で活躍。寛保(かんぽう)3年京都の嵐松之丞座に実事師(じつごとし)として出演,2代七三郎を名のり,翌年から敵役(かたきやく)もつとめた。のち立役(たちやく)にもどる。宝暦12年3月29日死去。43歳。前名は三保木七三郎。俳名は狸鼓(りこ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今村七三郎(2代)の関連キーワードビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇市村羽左衛門女帝中島三甫右衛門松平忠恒

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone