コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今福線

1件 の用語解説(今福線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

今福線

広島と浜田を結ぶ広浜(こうひん)鉄道の島根側として、1933年に山陰線の下府駅から浜田市金城町今福までの15.8キロ(旧線)が着工された。しかし、戦争で資材が手に入りにくくなり、40年に工事が中止された。戦後、69年に浜田駅から12.3キロ(新線)のルートで再着工されたが、国鉄の赤字のため80年に再び中止となった。

(2008-03-20 朝日新聞 朝刊 大阪島根全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今福線の関連キーワード飯田線嗜好品縁を結ぶ孔方兄紙工品綬を結ぶ弾丸列車盗品藁工品陶浜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今福線の関連情報