コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介入(Intervention)

外国為替用語集の解説

介入(Intervention)

正確には外国為替平衡操作と言う。中央銀行や財務省等の通貨当局が、外国為替相場に影響を与えることを目的に、外国為替市場で通貨間の売買を行うこと。日本では、円相場の安定を実現するために財務大臣の権限において実施され、日銀が財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行する。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

介入(Intervention)の関連キーワード協調介入(Coordinated Intervention)スムージングオペレーション変動相場のガイド・ラインオーバーコミットメントリファレンスゾーン内政不干渉の原則コミットメント不胎化的介入為替平衡資金非不胎化介入為替市場介入ペースカー当事者主義不胎化介入外貨準備高覆面介入外為特会介入通貨宇宙兵器口先介入

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android