介入[国際政治](読み)かいにゅう[こくさいせいじ](英語表記)intervention

翻訳|intervention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

介入[国際政治]
かいにゅう[こくさいせいじ]
intervention

自国の国家目的を阻害している他国に対して,その国内・国外政策を修正するよう影響力を行使すること。実力行使以外の,たとえば経済的圧力や声明などの手段による圧力や操縦と,武力を用いる軍事介入の2つに区分される。前者の適法性違法性は関連の条約や国際慣例のいかんによって定まり,適法とみなされることも多い。後者は過去においては報復の一形態として認められていたが,一国の主権を侵害するものであるため,今日では国際法上違法とみなされ,内政不干渉の原則が設けられている。ただし,国連安全保障理事会は,コンゴ動乱などの例にみられたように,国連憲章第7章 (平和に対する脅威,平和の破壊および侵略行為に関する行動) に基づく武力介入を合法と認めたことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android